スポンサーリンク

うも!

ライブ集客コンサルタントリョウです。

 

今回は「ライブ本番前のアルコール」についてお話したいと思います。

 

これを知らないとライブでポテンシャルを上げることができません。

そうなるとあなたの毎日の練習の努力が水の泡です。

 

逆に知っていれば最大のポジションで最高の演奏をできることができます。

 

なので最後まで読んでください。

 

 

スポンサーリンク

アルコールの落とし穴

アルコールは音楽と深い関係にあると思いますが、

演奏に大きく悪い影響を及ぼします。

なぜならアルコールは筋肉を硬直し、記憶力を下げてしまいます。

そして判断力もなくなってしまうのです。

 

なのでライブ本番前のアルコール摂取はとてもリスクが高いのです。

ヴォーカルでもギターでもベースでもドラムでもどんな楽器でも筋肉は使うので、

お酒は演奏の敵です。

 

お酒はご褒美でOK!

ライブ後の打ち上げや、ミーティング後のリラックスタイムなどでは、

お酒はとても良いです。

日本人はシャイなのでお酒でコミュニケーションをとるよう社会はできています。

なので完全否定はしません。

 

これからあなたはライブ前のお酒は控えましょう!

 

そうすれば素晴らしい演奏ができ、お客さんを感動させることができます。

とても素晴らしい音楽活動ですね。

 

逆に控えないと身体にダメージが蓄積されながら、

演奏する上の筋肉が硬直して最大のポテンシャルを発揮できません。

 

なので次のライブではお酒は控えましょう!

 

以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

【50名様限定】無料でライブ集客数を増やすノウハウが

100ページ以上あるPDFファイルプレゼントしています。

本気なミュージシャンのみダウンロードして

手に取って読んでみてください。

↓ ↓ ↓

無料PDFライブ集客マニュアルダウンロードリンク

よろしければ最後に音楽活動.shopと、

このブログをブックマークしてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事