スポンサーリンク

うも!

ライブ集客コンサルタントリョウです。

 

今回は「良くないバンドが必ず言っている禁句ワード」です。

 

このワードを知っていて言わないように意識するだけで

バンドが一気に向上し、良い結果を残せます。

ファンの数も増え、演奏力も上がってしまいます。

 

逆のワード知らないと

いつの間にかバンドが下降

ファン数も安定せず良い結果が

なかなか出せません。

 

なので最後までこの記事を読み通してください。

 

スポンサーリンク

禁句ワードの恐ろしさ

本題に入りますが、

良くないバンドが必ず言っている禁句ワードとは・・・

 

「でも、だって、どうせ、疲れた」です。

 

この言葉はネガティブで自分達を否定してしまってるのです。

 

「でもどうせCDが売れない時代でしょ」

「だってアイドルばかり売れてるから俺らは売れない」

「あー今日のスタジオ練習疲れた」

 

なんだか字だけでも気分が落ちてしまいますね。

 

このように字体だけでも

禁句ワードは人間の脳をネガティブにし

言葉で発するとバンドメンバー全員の耳に入り

ネガティブな脳になってしまうのです。

 

なので

「でも、だって、どうせ、疲れた」

という言葉は今すぐ意識して

言わないようにしましょう。

 

ステップ1

この記事をお気に入り登録してください

 

ステップ2

毎日この記事を読んで徐々に言葉遣いを変えるよう

自分の細胞を変えましょう

 

この2ステップを変えるだけで

あなたのバンドは一気にファンの数も増え、

音楽活動の質が一気に上がります。

 

逆に今すぐしないと

無意識に良くない言葉を使い

バンドが下降していき

気づいたら「解散」なんて悪夢があります。

 

そんなことはあなたには、

おきてほしくないので

是非今すぐお気に入り登録し

幸せな音楽生活をしましょう!

 

以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

【50名様限定】無料でライブ集客数を増やすノウハウが

100ページ以上あるPDFファイルプレゼントしています。

本気なミュージシャンのみダウンロードして

手に取って読んでみてください。

↓ ↓ ↓

無料PDFライブ集客マニュアルダウンロードリンク

よろしければ最後に音楽活動.shopと、

このブログをブックマークしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コレを意識しないで、こういうプロミュージシャンの弟子入りは危ない?音楽技術も、コネも  大きく質が上がり好転するために必要なこと
コレを意識しないで、こういうプロミュージシャンの弟子入りは危ない?音楽技術も、コネも 大きく質が上がり好転するために必要なこと
コレを意識しないで、こういうプロミュージシャンの弟子入りは危ない?音楽技術も…
音楽活動.shopの管理人です。今回は「集団」についてです。バンド活動 及び 音楽活動も集団ですが、その集団でもプロミュージシャンに属してい...