スポンサーリンク

んにちは!

ボイストレーナーKです。

 

今回は「バンドのボーカルの実力」についてお話したいと思います。

 

この記事を通して

あなたは他のバンドよりも圧倒的に差をつけ

ファンをたくさん獲得してほしいです。

 

最後まで読んで頂くと必ず今より

もっともっとお客さんの反応率が上がります。

 

最後まで読まないと

どんなに頑張ってスタジオ練習しても

ライブでの魅せ方がわからず

努力も水の泡となってしまいます。

 

そんなことはあなたには避けて頂きたいので

是非読んでください。

 

スポンサーリンク

ボーカルの重要性

 

本題に入りますが、

 

ボーカルが下手だとバンドは売れません。

 

 

当たり前のようですが

ボーカルの人って自分の声を録音してきいたり、

楽器をやっていない人が多いので

音程音痴な方が多いのです。

 

なので意外にもボーカルが下手で

楽器隊が上手いバンドが多く、

売れないバンドが多いのが事実です。

 

ボーカルはバンドの顔です。

 

どんなに楽器隊が上手くても

ボーカルが下手だと全てが台無しです。

バンドの演奏となると

楽器の爆音に負けるボーカルが多いです。

 

現在では機械で音程を直したりして

音痴でも音源では上手くするように

パソコンで加工できるのです。

ライブでも口パクだったりします。

 

90年代頃はそういう技術がなかったので

プロの歌手は物凄く声量があり、精密で上手いのです。

なので90年代と2000年代では

圧倒的差があります。

 

あなたがもしライブ活動をしているのなら

圧倒的な歌唱力が必要です。

特にライブで突き抜けた声を出すには

広い音域を習得する必要があります。

 

4オクターブあれば確実にライブで光ります。

他のバンドよりも断然注目が集まります。

 

逆に習得しないと、

バンドが売れずいつの間にか歳をとり

後悔する人生が待っています。

 

なので是非今すぐ

ボーカルの歌唱力について意識してみてください。

 

以上です。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

↓↓オススメ↓↓

ヴォイストレーニングマニュアル

 

【50名様限定】無料でライブ集客数を増やすノウハウが

100ページ以上あるPDFファイルプレゼントしています。

本気なミュージシャンのみダウンロードして

手に取って読んでみてください。

↓ ↓ ↓

無料PDFライブ集客マニュアルダウンロードリンク

よろしければ最後に音楽活動.shopと、

このブログをブックマークしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事