スポンサーリンク

うも!

ライブ集客コンサルタントリョウです。

 

今回はほとんどのバンドマンが勘違いしている集客方法を改善することがテーマです。

 

現代のバンドマンが大きく勘違いしていることがあります。

この勘違いさえなくしてしまえば、一気に熱狂的ファンができます。

そうなると固定ファンができますし、ライブノルマに悩まされることも

お金をイベンターに払う額も大幅に減ります。

 

逆にこれを知らないと毎回毎回ライブ動員数に悩み

お金もかかりマイナスなことばかり続いて

あなたの音楽活動を半永久的に地獄にいることになります。

 

 

 

たった一度の人生地獄として生きないでください。

あなたの人生は天国で良いのです。

夢を現実にし、素晴らしい音楽活動して頂きたいです。

 

 

 

 

なので最後まで必ず読み通してくださいね。

 

 

僕もライブノルマのためにアルバイトをし、

財布や残高をみるたびに億劫な気持ちになって

音楽をするのが辛かったです。

 

 

ですが・・・・

 

「ある勘違いに気づいたら」一気に悩みが解決しました。

今ではライブ動員数100人以上は平均できています。

大きなイベントでは500人はいきます。

 

なぜここまで無名な僕が動員できたのかを

ここだけにあなただけに公開してしまいます。

 

スポンサーリンク

お客さんは絞る、全員にウケようとしない

 

よくあるのが

「沢山の人にみてもらいたい」

「宣伝をたくさんして、なるべく知ってもらいたい」

 

そういう考えをしている音楽家が多いです。

その気持ちはとてもわかりますし、素晴らしいことだと思います。

 

ですが・・・

それはあなたを一番地獄へ落としいれていれている地雷なのです。

 

 

~100人売り込むより1人に向けて売り込む~

 

 

どういうことかというと、

あなたのバンドはテーマやコンセプトがありますよね

ロゴやジャンル、ステージングも独自なものを追求していますよね。

 

だからこそ1000人にウケようとするより

1000人に1人、自分の音楽スタイルとドンピシャに合った人を

探す旅が集客なのです。

 

 

浜崎あゆみはかなり嫌われています。

マリリンマンソンもかなり嫌われています。

ブラックサバスもビーズも東京事変もXも

ハードコアバンドも全部です。

 

しかし本当にドンピシャで合った共感される人を

世界中、日本中から探すのです。

 

嫌われなければ売れない

1000人に1人ウケようとするというよりは

700人には無興味、299人からはウザい、

だせえと言われます。

 

この辺りは、アドラーの嫌われる勇気に書いてあります。

Amazonリンク。

⇒画像クリックで購入する。

これは事実なのです。

しかしこの批判さえ慣れてしまいえば

あなたは超一流のミュージシャンになることが

可能なのです。

 

なので今すぐこのページを開きっぱなしでもいいので

紙とペンを用意して

 

「1000人に1人、自分の音楽スタイルとドンピシャに合った人を

探す旅が集客!嫌われなければ売れない!」

 

と書いていつも見える場所、

机の端でもいいですし、壁にセロテープで貼ってもいいです。

 

 

これを今すぐしなければすぐに忘れてしまうのが人間なのです。

日々覚えるために、脳に刷り込ますために絶対に必要な行為です。

 

 

これはやってしまえばあなたは100バンドに1バンドの

最高のミュージシャンになれます。

 

 

「面倒くさい」「そんなことしても集客に繋がらない」

と思って今すぐ行動しないとずっと動員が増えないままで終わります。

 

それはあなたの音楽活動を地獄にするということです。

 

それは愛するあなたには避けて頂きたいので是非やってくださいね。

 

~リョウさんはあなたを嫌でも成功させます~

 

以上です!
ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

 

【50名様限定】無料でライブ集客数を増やすノウハウが

100ページ以上あるPDFファイルプレゼントしています。

本気なミュージシャンのみダウンロードして

手に取って読んでみてください。

↓ ↓ ↓

無料PDFライブ集客マニュアルダウンロードリンク

よろしければ最後に音楽活動.shopと、

このブログをブックマークしてくださいね!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事