スポンサーリンク

久しぶりです、音楽活動オーナーの目次 伸行(めつぎ のぶゆき)です。

今回は、私が思っていることで、根拠はなにもありませんが、仕事と音楽活動の満足度は比例しているという記事を書いてきます。

今は、新型コロナウイルスによって、自粛気味でこのままバンドが解散ということも多い時期ですが、ここで続けるか続けないか?というのが音楽人生の分岐点になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

仕事の愚痴が多いと、音楽活動も満足していない。

仕事がだるい、仕事がめんどくさい、仕事なんかしたくないけどお金のためには仕方がない…。

そういう方が多いのがバンドマンですが、残念ながら今の仕事はやめてもっと精神衛生状態が良くなるところへ転職するべきです。

そして何が納得行かないのか考えてみましょう、人間関係でしょうか?それとも仕事内容でしょうか?それとも賃金でしょうか?どれか2つ満足行かなければ絶対にやめたほうがあなたのためです。

あなたの仕事で溜まった恨みつらみは、確実に周りに影響を与えているものです、そして大体仕事の愚痴が多い人もバンドメンバーに必要以上にダメ出しをしたり、揶揄したりしてしまい、喧嘩に発展します。

そして、テクニックを責めるという行為は1番やってしまいがちですが、メンバーに対してのプライドを傷つける最もな発言であるため、絶対にやめましょう。

実は、今だから言ってしまいますが…w

リョウもかつてはドラマーに下手くそだの何だのと言っていた時期がありました。

そして、もちろん当時やっていたバイトがクソだのと暴言を吐きまくっていた時期と売れていないバンドマンだった時期は見事にかぶっています。

そこから、仕事の環境が変わり忙しくなったものの、労働のきつさは上がったものの、人間関係は非常によく、他のバンドマンよりは遥かに良い生活収入を手に入れ、イライラする事もなくなりました。

すると不思議と、新しくあつまって出来あがったバンドでは都内で数少ない黒字バンドと変身を遂げたのです。

散々罵ったドラマーにはきちんと、あのときは悪かったと謝罪もしていました。

そのような余裕があなたの音楽活動の成功に導くのだと思っています。

 

したがって、仕事の愚痴が多い人がメンバーに居ると確実に音楽活動のグループとしてはマイナスなものとなります。

普通のサラリーマンでも 時間(通勤時間合わせて11時間を超える) お金(月16万円以下) 人間関係 3つのうち2つ納得がいかない仕事をしている場合は今すぐ転職活動するべきです。

仕事をいつの間にか優先していませんか?

一人暮らしをしているバンドマンもそれなりにいるでしょう。

しかしながら、大体、一人暮らしのバンドマンが何をしているのか?というと、統計上、8時間あるいはフルタイムといえるようなアルバイトをしています。正社員で私は土曜日にバンド活動していますよという人をあまり見たことが有りません。

居ても本当に少数です。

アルバイトを選ぶ理由は休みたい時に休めないから、という言い分でしょう。ものすごく理解できますし、平日も18時以降はスタジオも予約がなかなか取れず不確定な残業があるだのということで、仕事を無理やり優先してしまう。

その時点で、あなたは音楽活動よりも、いつの間にか仕事を優先してしまっているのです。

そして本当は好きな音楽をしなければならないはずなのに、無意識に周りに押されて、仕事を優先してしまう。

 

これの繰り返しです。

 

完全に本末転倒じゃないですか…。

しかし、それが当たり前のように殆どのバンドマンがやっていることは、間違い有りません。

 

本当はスタジオの予約があるので何が何でも帰ります。または半日有給を取得しますといい。

繁忙期でダメだと言われても無理です絶対に休みます、もしダメなら社長(上司)が社員を100人連れてライブを見に来てくれるなら考えます、絶対に損させないライブなので。

くらい言ったらどうですか?

 

本当は音楽で生きていきたいんですから。

 

まぁ本当に言わなくても、それぐらいの意気込みでいるべきです。

それを出来ない時点で、あなた自身が自分のバンドを仕事未満の価値だと公言しているのと同じです。

 

「クビになったら?」「生活がかかっている!」という話も聞きますが、そんな簡単にクビには出来ません。

 

といっても、あなたが職場の新人でしたら、有給がもらえる半年は我慢してください。

私達が目指している音楽活動は、あなたの音楽を好きになってもらい、あなたのファンを増やしてライブで収益を上げることですし、リョウはともかく私は音楽の世界はまるで無知なのですが、ビジネス的な視線で見れば、ライブで成功するまでにはまずは集客そしてファンづくりです。

なので自分の存在価値や音楽にかける情熱は絶対です。

負けないようにしてください。

スポンサーリンク

ただし、仕事をしたほうが良いこともある。

仕事に対してかなり反発的なことを書きましたが、私は仕事すること自体、悪いこととは思いません。

人間関係が良いのであれば、多少、ライブの日数を削っても仕事の人を助けてあげたい!と思う人も居ますし、そういう環境は正直めったに無いので、反発せずに仕事を続けてください。

といっても、そういう人間環境であれば、有給を取得して休むのも簡単なはずですし、仕事を言い訳に出来ないということはほとんどありえないことだと思います。

現実として私の知っている社会人バンドマンは人間関係がよくバンドはファンよりも音楽を純粋にやりたいから、ファンが居なくてもライブで赤字になっても、問題ないという方がいます、現に私はドリンク代だけで彼らのバンドを聞いています。

それなりにお金も稼いでいて余裕があるのでしょう。

もちろんそれが悪いとは言いませんし、音楽をやる一つの形ではありますが、大抵は音楽で食べて行きたい収益を出したいと思うのは当然です。

 

しかし、やはり、発信をしてないのでファンはあまり居ないようです。

とはいえ、それに不満になることもなく、好きな仕事と音楽を両立しているともいえますね。

このことからも、やはり仕事の満足度と音楽活動の満足度は比例していると言えそうです。

 

仕事をやめて完全に音楽に命をかけるか。

仕事を変えて音楽活動の満足度を上げるか。

 

集客はその後でもいいと思います。まずはあなたの環境から整えましょう。

これが出来ないのであれば、茨の道になること間違いなしです。

ですが、知識はありますので任せてください。

 

こんな過去のことを書いたらリョウに怒られるw

 

以上、音楽活動.com オーナーの目次伸行(めつぎ のぶゆき)でした。

リョウは生粋のバンドマンで集客のプロ。

私、目次伸行は音楽に関してはまるで素人です。

しかし、BCOのリョウは音楽に特化しています。

つまり音楽の集客で成功したバンドマンの一人です。

 

そんなリョウが貴方に音楽活動を豊かにしてくれるでしょう。

 

ライブ集客のことは、より詳しいことはリョウに任せます。

無料で有益な情報を提供していますのでお見逃しなく!

私よりもバンドマンやミュージシャン向けに書いてあります。

 

知らないと損することばかりだと自負しています。

 

~集客コンサルタントリョウは絶対あなたを裏切りません

共に、一緒に頑張りましょう!~

⇒⇒⇒今すぐほしいかたはコチラをクリック!

 

音楽活動で損をしない生き方を!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事